S-DARTS店舗

台湾生活

【台北・大安区】台北一の品揃えを誇るダーツショップ「S-DARTS TAIWAN」に行ってきました!

更新日:




こんにちは、まちゃです。
留学や駐在で、あるいは駐在員の配偶者と台湾にお住まいの皆さん、余暇はどう過ごしていますか?

日本でやっていた趣味があるけど、外国では仲間や環境が揃わずお預けくらってるなんて人もいるのではないでしょうか。

私も日本でやっていた趣味が台湾では思うようにできないこともあり、最近は会社で流行っているダーツにハマっています。

ダーツは1回数十元で遊べて、他の趣味に比べれば道具を揃えるのにお金がかからず、更に一人でも二人でも複数人でも楽しめる優秀でコスパの高い趣味です!
台湾風に言うなら超高CP値な趣味!!

何より、遊んでいるとすぐに友達が増えるのが良きです。

今回は、私行きつけの台北にあるダーツショップをご紹介します!
後半にはマネージャの竹中さんから在台日系人の皆様へのメッセージもあります。

MRT古亭站から徒歩10分のダーツショップ「S-DARTS TAIWAN」

台北にはいくつかのダーツショップがありますが、その中でも文句なしに最高の品揃えなのが「S-DARTS TAIWAN」です。本店は日本にあり、台湾は海外進出の第一店目とのことです。

古亭駅の4番出口を出て、和平東路一段を師範大学方面に歩くこと10分程で辿り着きます。

店舗はビルの10階にありますが、ビルの入り口にS-DARTSのノボリが出ているのですぐにわかると思います。
S-DARTS入口

 

「S-DARTS TAIWAN」店内の様子

入り口を入るとすぐに、有名選手のサインで囲まれた店名ロゴと揺りかご風チェア。
S-DARTS1

私が行った時には、何故か犬がくつろいでいました。
S-DARTS2
一度しか見ていないので、その時来ていた客が連れてきたのでしょうか…?

店に入って左側がダーツマシンが並んでいるゾーン、右側が物販ゾーンです。

ダーツマシンゾーン

ダーツマシンは10台以上。もちろんDARTS LIVEのオンライン対応です。
S-DARTS3

301が10元、501やクリケットは20元。台湾では普通な値段設定。
撮影している背中側にもマシンがあります。
マシンの台数が多いので、友達グループで来ても余裕を持って遊べます。
ハウスダーツもあるのでマイダーツを持っていなくても遊べます!

物販ゾーン

物販ゾーンは本当に超充実の品揃え。

ほとんどのダーツバーやダーツ場には、ハウスダーツと呼ばれるお店のダーツがあるので手ぶらでも遊ぶことができます。

しかし、やはり上達するためにはマイダーツで遊ぶ方が良いし、何よりお気に入りの道具を使うのは楽しい!

一般的に、ダーツはダーツボードに刺さる先端の「チップ」、ダーツの重心を決定づけグリップにも影響を与える「バレル」、ダーツの長さ調節の要になる「シャフト」、ダーツの飛びに関係する「フライト」という4つのパーツで構成されています。

S-DARTS TAIWANでは上記のチップにバレル、シャフトやフライトは勿論、ケースやダーツボードも豊富に揃っています。
S-DARTS4

フライトは大体200元~、バレルは1,500元くらいからと日本で買うのとそんなに変わらない値段に驚きです。プロモデルの高いバレルは4,000元とかしますが…。
S-DARTS5

S-DARTS6

ダーツを買うなら必須の試投コーナーもあるので、納得いくまで投げてから買い物ができます。
S-DARTS7

間違いなく台湾で1番のお店だと思いますが、正直日本でもこれだけ大きなダーツショップはそうそう無いのではないでしょうかってレベルの品揃えです。

本気で台湾でダーツショップのNO.1を目指そう、そして台湾のダーツ文化を流行で終わらせず根付かせようというS-DARTSさんの本気を感じる店舗です。

「S-DARTS TAIWAN」マネージャ竹中さんからのメッセージ

今回、マネージャを務める竹中さんに店舗の紹介ブログを書く許可をいただき、また台湾に住んでいてダーツに興味がある皆様へお店紹介のメッセージをいただきました。

竹中「S-DARTS台湾を担当しております竹中です。ダーツを通じ、老若男女・国籍を超えて皆様の交流のアイテムとしてご利用頂ければと思います。
台湾でダーツを始められる方が沢山いらっしゃいますので、お気軽にお問合せくださいませ。」

「S-DARTS TAIWAN」の店舗情報と営業時間

住所:台北市大安區和平東路一段180號
電話番号:0223679968
営業時間:13:00~23:00(実際の営業時間はお店にご確認ください!)
オフィシャルサイト:https://www.s-darts.tw/

お店は師範大学の目の前で、師大夜市も徒歩圏内!
ちょっと投げてから夜市で買い食い、または夜市でお腹を満たしてからダーツなんてこともできますね。

S-DARTS TAIWANには夜18時半までは常に日本語が話せるスタッフが1名常勤しているそうです。
それ以降でも、簡単な日本語が話せるスタッフや竹中さんがいらっしゃることもあるので安心して遊びにいってみてください!

DARTSLIVE-200S(ダーツライブ200S) (ダーツ ボード)
created by Rinker







-台湾生活
-

Copyright© まちゃin台湾 , 2019 All Rights Reserved.