日本版と台湾版の明治粉ミルクの違い

台湾生活

明治の粉ミルク-日本版と台湾版の違いについて




こんにちは、台北で0歳児の子育て真っ最中のまちゃです。

我が家では、母乳と粉ミルクの両方を赤ちゃんにあげています。
育てて初めてわかったのですが、粉ミルクの消費量って半端ないですよね。
まとめ買いしても、気が付くと残り少なくなっています。

本当は日本製の粉ミルクを使いたいけど、やはり海外で子育てをしていると現地で手に入る物を使わざるを得ない状況も出てきます。

そんな時、やっぱり気になるのは安全性

自分が食べる物は割と適当だけど、子供が食べる物だと過剰なくらい心配になっちゃいますよね。
日本に頻繁に帰国をしているなら都度まとめ買いという手もありますが、それができない場合は詳しくない欧米製の商品よりも日本メーカーが台湾で発売している製品を買いたい、という人も多いのではないでしょうか?

今回は子育ての定番「明治の粉ミルク」について、日本で売られている商品と台湾で売られている商品の比較をしてみました!

※2019年2月 台湾明治Webサイトの記載について追記しました。

明治の粉ミルク、日本製品と台湾製品の違いを完全比較

商品デザイン

左が日本で発売されている「ほほえみ」、右が台湾で発売されている製品です。
台湾製品の熊のMは明治のMかと思いますが、日本製品のウサギのRは一体…。
ちなみに日本製は800gですが、台湾製は850gと少し大きいサイズです。
日本と台湾の明治の粉ミルク

見た目が微妙に違いますが、どちらもか0歳から1歳までを対象にした商品です。
余談になりますが、カタカナで「コナミルク」って書かれると、何かハワイっぽいですよね!

成分表

気になる成分表を見てみましょう。
まずは日本版から。
日本製の明治粉ミルク日本製の明治粉ミルクの成分表

続いて、台湾版の成分表。
台湾製の明治粉ミルク台湾製の明治粉ミルクの成分表

写真だとわかりにくいので、表にしてみました。

日本版成分表示 100gあたり 台湾版成分表示 100gあたり
エネルギー 506kcal エネルギー 506kcal
たんぱく質 11.1g たんぱく質 11.1g
脂質 26.1g 脂質 26.1g
コレステロール 74mg コレステロール 74μg
炭水化物 57.7g 炭水化物 57.7g
食塩相当量 0.36g ナトリウム 140mg=食塩相当量0.36g
ナイアシン 3.0mg ナイアシン 3.0mg
パントテン酸 4.3mg パントテン酸 4.3mg
ビオチン 12μg ビオチン 12μg
ビタミンA 390μg ビタミンA 390μg
ビタミンB1 0.4mg ビタミンB1 400μg
ビタミンB2 0.6mg ビタミンB2 600μg
ビタミンB6 0.3mg ビタミンB6 300μg
ビタミンB12 2.0μg ビタミンB12 2.0μg
ビタミンC 70mg ビタミンC 70mg
ビタミンD 6.5μg ビタミンD 6.5μg
ビタミンE 6.2mg ビタミンE 6.2mg
ビタミンK 25μg ビタミンK 25μg
葉酸 100μg 葉酸 100μg
亜鉛 3.0mg 亜鉛 3.0mg
カリウム 490mg カリウム 490mg
カルシウム 380mg カルシウム 380mg
セレン 10.4μg セレン 10.4μg
6.0mg 6.0mg
0.32mg 320μg
マグネシウム 40mg マグネシウム 40mg
リン 210mg リン 210mg
α-ラクトアルブミン 1.0g α-ラクトアルブミン 1.0g
β-ラクトグロブリン 0.5-1.0g β-ラクトグロブリン 0.8g
DHA 100mg DHA 100mg
リノール酸 3.6g リノール酸 3.6g
α-リノレン酸 0.43g α-リノレン酸 430mg
イノシトール 90mg イノシトール 90mg
β-カロチン 70μg β-カロチン 70μg
塩素 310mg 塩素 310mg
カルニチン 10mg カルニチン 10mg
タウリン 28mg タウリン 28mg
ヌクレオチド 14mg ヌクレオチド 14mg
灰分 2.3g 灰分 2.3g
水分 2.8% 水分 2.8%
ラクトアドへリン 20-50mg ラクトアドへリン 25mg
アラキドン酸 67mg ARA=アラキドン酸 100mg
リン脂質 250mg レシチン=リン脂質 260mg
フラクトオリゴ糖 2.0g
飽和脂肪酸 10.0g
54.0g
コリン 60mg
マンガン 30μg
ヨウ素 70μg
セレン 10.4μg
食物繊維 2.0mg

こうしてみると、結構違いがありますねー。
各国の食生活に合わせて、不足しがちな栄養分が補われているんでしょうか。
台湾版も優秀ですね。
台湾明治のWEBサイトを見ると、台湾の法律に合わせて調整していると書かれています。

日本版、台湾版どちらも現在は日本の埼玉の工場で製造されていると書かれています。
何となくですが、安心ですね(笑)

台湾版の明治粉ミルクの購入方法

台湾版の明治の粉ミルクは、大き目の薬局なら大体売っています。
もし可能なら、ネットショップで買う方が安く手に入ります。
大体1缶500-700元の間でした。
日本製が1缶2200-2500円位ですから、同じくらいか少し安く手に入れられることになりますね!

ただ、台湾のネットショップで明治の粉ミルクの取り扱いが少ないんですよね…「QUAKER」とか欧米製のばっかり。
ショップ探す手間も考えたら、大手の薬局で買うのがいいかもしれません。

もし帰国の際に日本製をまとめ買いするなら、やはりネットショップが便利です。
送り先を滞在ホテルに指定すればホテルで受け取りも可能です。

台湾明治のWebサイト上の0-1歳児向け粉ミルクの表示について

ブログを読んでくださった台湾在住の方から、明治の粉ミルクは台湾のどこで買えるのかというお問い合わせをいただきました。

確か明治の公式サイトに案内があったなーと思って、サイトを見てみると…

ない。
1-3歳児向けの、いわゆる日本で言う「ステップ」相当の商品はあるけど、0-1歳児向けの「ほほえみ」にあたる商品(この記事で紹介した商品)がなくなってるー!

台湾明治のWebサイト確かここにあったはず、という場所に不自然にクマちゃんが座ってます…。

気になったので、台湾明治に質問してみました。

台湾明治への質問

1.0-1歳児向けの粉ミルクは販売していないのか

2.以前掲載されていた「金選明治嬰兒奶粉(ほほえみ)」は販売終了したのか

台湾明治から、即日回答が届きました。

台湾明治からの回答

回覆內容:
親愛的媽媽您好:
非常感謝您對於明治奶粉的支持及愛護。
關於媽媽詢問嬰兒奶粉的問題,主要受限台灣政府法規行銷規範限制,所以官網無1歲以下產品資訊露出。有關產品購買~您可透過下方連結參考或選擇您方便的明治特約店家詢問及購買使用。

明治媽媽樂園-線上購物:http://www.meijimama.com.tw/memberShopLogin.aspx?returnUrl=products.aspx

特約藥局地點查詢:http://www.meijimama.com.tw/prod104a.aspx

提供您嬰兒奶粉相關產品:
(1) 新升級-金選明治嬰兒奶粉 (850G/罐),建議售價 700 元
(2) 新升級-金選明治嬰兒樂樂Q貝方塊奶粉 (432G/盒),建議售價 410 元

謝謝您的來信!

要約すると
「台湾政府の規制で1歳以下向けの商品を公式サイトに掲載出来ません。もし商品を買う場合は、下の公式オンラインショップか契約薬局で買ってくださいね!」

だそうです。
製造(輸入?)はOK!販売もOK!、でも公式サイトに情報を掲載してはいけません。て、どういう状況なんでしょう??

とりあえず、2019年2月現在の状況として明治の公式サイトに情報はないけど、ちゃんと台湾でも0-1歳児向けの粉ミルクは販売されています。







-台湾生活
-

Copyright© まちゃin台湾 , 2020 All Rights Reserved.