台湾生活

台湾で鬼滅の刃のマラソンイベント(2020鬼滅之刃 全集中路跑)に参加してきたよ




こんにちは、まちゃです。

鬼滅の刃人気、凄まじいですね。
台湾でも大人気です。

そして今回、台湾で開催された鬼滅の刃のコラボマラソンに参加して来たので大会の様子をレポートします。

鬼滅の刃 全集中マラソン

台湾の鬼滅の刃全集中マラソン(正式名称:2020鬼滅之刃 全集中路跑)は集英社やAniplexが主催者に入っている、オフィシャルなイベントで台北、台中、高雄の3か所で開催されました。
それぞれイメージキャラ?が設定されています。

台北は炭治郎。
台北炭治郎

台中は禰豆子。
台中ねずこ

高雄は煉獄さんが。
高雄煉獄さん

完走時にもらえる記念メダルはそれぞれ各キャラが刻印されています。
コンプリートするには3か所全てを走る必要があります。

健康的なイベントで、観光促進にもなる素晴らしいイベントですね。
ちなみに、3か所全てを申し込むと上記3種とは別に柱が集合したメダルがもらえます。

完走記念メダル以外にもTシャツやタオル、バッグ(2種類あり、申し込み費用が別)等の鬼滅グッズが申し込みをすると送られてきます。
申し込みは各種のイベント申し込み用WEBから。クレカ払いやコンビニ払い等の支払方法が選べます。

私は公式ページのリンクにあった伊貝特のサイトから申し込みをして、会社の近くのコンビニで支払いをしました。

と、ここまでは順調だったのですが、この後思いがけないトラブルが…サイトには、Tシャツやタオル、何よりも大切な参加に必須のゼッケンを 開催2週間前から発送するねと書かれているのですが、開催1週間前になっても一向に届かない…。

開催数日前には主催者のFaceBookに私と同じように荷物が届かない人からの問い合わせメッセージがまぁまぁの量書き込まれる様になりました。

私もメッセージで問合せしましたが、定型っぽい返答が返って来るのみ。

まぁ、遅れているだけでいつかは届くだろうし、仮にゼッケンが届かなくても申し込み画面とか見せればイベント参加を断れれることはないだろうと思ったので騒がず待ちました。台湾はしっかりとした対応が出来ない分を臨機応変さでカバーする傾向強いですからね。

そして2日前になって、ようやく届くゼッケンその他。
鬼滅の刃全集中マラソン記念品

とりあえず一安心。

中身はこんな感じです。
鬼滅の刃全集中マラソン記念品中身

タオルはともかく、普段使いが難しそうなTシャツ…。
写真には写ってませんが、炭治郎の額の傷跡などを再現したタトゥーシールも入っていました。

正直、このイベントこそが堂々と着られる最初で最後の機会なのですが、それでも羞恥心が勝り記念品として封印。

そして当日。

都市部のマラソンだと交通規制等の関係で超早朝の開催だったりするのですが、台北は河川敷のコースなので朝9時過ぎのスタートと余裕のあるスケジュールです。

普段と同じ位の時間に起きて着替えて、MRTで普通に会場に移動します。今回は、会場に荷物を預かるブースがなく妻と子供も別のイベントに出かけているので初めから走る服装に上着を羽織り、最低限の荷物で会場に向かいました。

会場の台北大都会公園。

大都会公園

グッズの販売所や飲食店も沢山あって、中々の盛り上がり。
キャラもあちこちにいます。
煉獄さん

善逸

伊之助

柱、大集合。アニメ2期はやるのかなぁ。
柱

鱗滝さんの最後の試練のやつ。
鱗滝

メイン会場。
鬼滅の刃全集中マラソンメイン会場
ここでレース前の準備運動をしたのですが、何故か始まる紅蓮華に合わせた謎のオリジナル準備運動。
まぁまぁのアップテンポな曲なので、正直準備運動で息切れるくらいの運動量…。

 

スタート地点横には炭治郎のバルーン。可愛い。
炭治郎バルーン
みんな記念写真撮ってました。

そしてスタート。
マラソンスタート
制限時間にも余裕があり、距離も5kmと短いので小さい子供も沢山参加していました。親子でコスプレして参加している家族連れも。

途中のルート指示看板が鬼殺隊のカラスになっているの、世界観大切にしていて尊い。
鬼殺隊カラス
どこの看板も全部南南東って書いてあって、方向は適当でしたが…。

コースのあちこちに炭治郎と同様のバルーンのキャラがいて、撮影スポットになってました。

禰豆子。コスプレしたスタッフがいて、一緒に撮影してくれる。
ねずこバルーン
個人的には、スタッフいらないかな…。

善逸。
善逸バルーン

伊之助。
伊之助バルーン
近くを走っていた台湾人の女子達が伊之助見つけた途端「豬頭!豬頭!」ってテンション上がっていたのが印象的。
女子人気高いのか、伊之助。

その他、所々でキャラクターが原作のセリフで応援してくれます。
炭治郎看板

給水所は蝶屋敷をイメージしているそうです。
写真撮り忘れましたが、虫柱の胡蝶しのぶのパネルとコスプレしたスタッフもいました。
給水所

5kmと距離も短く、制限時間も十分にあるので途中で撮影をしながらゆっくり走っても十分時間内にゴールできます。
元々12月の台北マラソンの練習として参加したのですが、楽しんで走りすぎたのであまり意味はなかったかも…。

ゴールした後は、完走賞として記念メダルと協賛企業提供のお菓子やカップラーメン等の詰め合わせが貰えます。
完走記念品

メダル表

メダル裏

今回はお菓子が多めでした。
昨年参加した台北101を1階から91階まで階段で登る台北101垂直マラソンでは、グルコサミンとか身体のケア賞品も入っていた良かったのに。
台北101垂直マラソンの様子については、こちらをご覧ください。今年はコロナの影響で中止になっちゃいました…。

実は台湾は、年間通して結構あちこちでマラソン大会が開催されています。
距離も数kmのお手軽なものから、ハーフ、フル、トライアスロンまで。
離島で開催される場合もあるので、観光がてら参加してみるのも楽しいと思います!
中華民國路跑協會のサイトで開催されるマラソン情報を調べられるので、興味があれば調べてみてください!

 







-台湾生活
-

Copyright© まちゃin台湾 , 2020 All Rights Reserved.