台湾留学後の進路について

台湾生活

【帰国?】台湾留学後の進路について【台湾就職?】




こんにちは、まちゃです。

みなさん、台湾での留学生活は楽しんでいますか?
まだ留学が始まったばかりの頃は授業と台湾での生活で頭がいっぱいでも、留学期間も半ばを過ぎた頃からは「留学後」の生活を真剣に考え始めると思います。

美味しいご飯や、親切な台湾の人たち、IT化が進み利便性が高い都市なのに、どこかゆったりと流れる時間…台湾の魅力に慣れてしまい日本に帰りたくないと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

私は台湾の語学学校で留学していた際に、学校の教員室でインターンとして働いていました。
ですので、結構学校の日本人とは話す機会が多く、一緒に昼飯を食べに行った時などに留学後の話もしていました。

台湾に語学留学をした日本人の留学後には、どの様な進路があるのでしょうか?

台湾留学後の選択肢

語学学校での留学継続

半年、1年と語学留学をしてHSKやTOCFLの試験に合格した方もいるのではないでしょうか。
しかし、それでも就職活動で自信を持って中国語が使えますと言うには不安が有りますよね。

そうなると、中国語能力の更なる向上を目指して、語学学校での留学を継続するという選択肢があります。

また、留学生活が1年を過ぎれば、時間は限定されますが合法的にアルバイトが可能になるので余裕を持って留学生活が継続できるようになります。

 

ただ、この時に注意して欲しいのが、学校を変えて留学生活を継続するという方法です。
私は継続して同じ学校に通う事を強くオススメします。
理由としては、学校が異なればカリキュラムや使う教科書が変わるため、授業料を払って同じ内容を再度勉強してしまう無駄が発生する可能性があるからです。

更に、学生ビザを取得している人の場合、学校を変えると再び新しい学校の入学証明書等を揃えて学生ビザの新規発行手続きが必要になります。

また、違う学校に行けば授業のシステムも変わるため語学学習とは異なる部分で0から覚え直さなければいけない事がでてきます。
留学した最初の学期は、1学期の全体の流れがわからないので戸惑った部分も有ったのではないでしょうか。それを再びやりなおすことになります。

これはどちらの学校が優れている劣っているという話では一切なく、環境を変えるストレスは意外と大きいですよというお話ですね。

学校のシステムがどうしても合わない、学校側や同時期に入学したクラスメートと関係を致命的に悪化させてしまった、等の理由があるなら別ですが、気分転換程度の理由で学校を変えない方が効率的に語学学習ができると思います。

台湾での就職活動

留学生活ですっかり台湾にハマり、もっと台湾にいたい!て言うか日本に帰りたくない!という考えに至る人も非常に多いと思います。

中には、留学中に台湾人の恋人ができたので離れたくない!なんて人もいるかもしれません(笑)。
正直、日本人は台湾では結構モテます。男女問わず、日本で普通に恋人が出来ていた人なら台湾人の恋人を作るのも難しくありません。

台湾での生活を継続するのであれば、当然台湾で生活費を稼ぐ必要があります。
台湾での仕事探しであれば、インターネットを使った就職活動が一般的です。

アルバイトであれば、情報誌の「台北ジャピオン」や「台北掲示板」のWEBサイトで日本人向けの求人情報が沢山みつかります。

台北ジャピオン公式サイト
台北掲示板公式サイト

アルバイトではなく社員として働くのであれば、エージェントのサービスを利用する方法が確実です。
台湾は日系企業の進出も非常に盛んで、日本向けのサービスを展開している台湾系企業も多く、日本語人材は常に需要が有ります。主なエージェントは以下になります。

パソナ台湾-台湾では老舗の日系就職エージェント
PERSOL台湾-旧インテリジェンス、こちらも台湾で10年以上の実績があります
REERACOEN-NEOCAREEAの台湾邦人、後発ですが急成長しています

エージェントを利用した就職活動のコツとして、1社だけではなく複数のエージェントと同時に契約することが大切です。それぞれ紹介できる企業が異なりますし、各エージェントに提出する書類は同じような物なので、面倒でも複数のエージェントに申し込みをした方が就職の成功率が高まります。

これ以外の方法として、知人の紹介という方法もあります。
台湾では日本人同士のサークルやコミュニティが沢山ありますので、それらに参加して交友関係を広げて仕事の紹介をしてもらうという方法があります。

ちなみに台湾の最低賃金は年々上昇しており、2019年1月1日からは更に引き上げられます。
月給は5%上昇して2万3,100元に、時給は7.14%上昇して150元になります。

そして私達外国人が就労ビザを取得して働く場合は、更に高い賃金が保証されています。
高度な技術を持つ外国人の就労ビザ申請の際には、最低賃金として4万7,971元以上という決まりがあり、多くの企業が4万8,000元以上の給料を支払っています。

日本語が話せるというだけで、外国では一般的な会社員よりもこれだけの好待遇で働けるんですね。ちなみに、4万8,000元を1元=3.6円くらいのレートで日本円換算すると18万円程度となります。

 

日本での就職活動

留学期間が終われば日本に戻り、日本で中国語を活かした仕事を探す方も多いと思います。
日本での就職も、やはりエージェントを通して就職活動をするのが一般的です。
自身のスキルとして「中国語」を忘れずにアピールしましょうね。

日本での就職の場合は、当然エージェントとの面談や企業との面接は日本で行われます。
しかし、時間を無駄にしないためにも帰国前に事前登録と履歴書の登録くらいは台湾にいる間に済ませてしまいましょう!

 

その他

台湾での学習継続、台湾での就職、日本に帰国して日本で就職、大部分の人はこの中のどれかを選ぶことになると思います。
しかし、これ以外の道はないのでしょうか?

そんなことはありません。

なぜなら、これを読んでいる皆さんは既に「中国語」という武器を手に入れているからです。

現在、世界の中国語人口は13~14億人。つまり、世界の4分の1は中国語を話しています。
ほんの少しでも中国語を覚えた皆さんには、その先にこれだけの世界が広がっています。

実際、台湾国内での就職よりも香港や中国大陸で仕事を探した方が賃金は高くなる可能性が高いです。日本語+中国語という武器を活かせば、活躍の場は世界に広がります。

台湾が好きで台湾での生活を続ける場合も、もし一つでも中国語以外の武器があるなら、それを活かして自分で起業をするという方法もあります。

日系企業の進出も盛んな台湾では、日本から台湾の支社に出向している駐在員と家族も沢山います。もしピアノが弾けるなら、料理が得意なら、ヨガが出来るなら、駐在員の配偶者やお子様向けに教室を開けば台湾でサラリーマンをやるより稼げるかもしれません。

海外で暮らすという、未だに日本人の多くが踏み出したくても踏み出せない一歩を、皆さんは既に踏み出しています。これは非常に大きなアドバンテージだと思います。

住む場所も働き方も、自由な発想で考えてみましょう。







-台湾生活
-

Copyright© まちゃin台湾 , 2020 All Rights Reserved.